フォトギャラリー

中近東の旅ー2 15.3.27~4.8

今回の旅行でヨルダンがメインのため、皆から参加を止めるように忠告された。ISの紛争地であると誤解されている。ヨルダンは平和な国で周囲と平和条約を結んでいる王国だ。砂漠が大部分で死海マラソンを含めて3つのフルを走るツアーだ。私は死海をペトラ遺跡に変え観光を楽しんだ。砂漠を首都アンマンから300kmタクシーで往復した。不安はない平和な国だからできると思う。ローマ時代の中心街の風景である。

中近東の旅-1 15.3.27~4.8

宗教聖地の混在している紛争の発生地でもある。旧約聖書の地名が多く出てくる。紀元前の民族問題発生の地で、それぞれの民族の宗教聖地が背中合わせに存在する特異な地だ。エルサレムで旧跡を訪ね債務国でユーロと揉めているギリシャを訪ねた。南欧独特の国民性であろうかアテネの中心街のマクドナルドは食事と暇を楽しむ人たちで溢れている。観光立国で欧米文化の発祥地である故、文化を大切に守り国の立場を理解する必要があると思った。

南ドイツとスイス 城めぐりとマラソンの旅 14.7.16~28

蒸し暑い日本を逃避、南ドイツヒュッセンとスイスのダヴォスにマラソンをかね遊ぶ幸運に恵まれた。喜寿の祝いを子供や孫から横浜で宴を受け、遠い海外旅行も最後かと緊張した旅だ。Iさんから2つのマラソンと城めぐりの旅を聞き飛びついた。ヒュッセンがロマンチックマラソン、ダヴォスがスイスアルペンマラソン。ヒュッセンは田園地帯、ダヴォスが山岳マラソンだ。ロマンチックMはフル制限時間6:30、6:50でフュニッシュ。スイスアルペンは山岳Mで33㎞に種目変更。どちらもTシャツとメダルをいただく。

ロタ島悠遊記 14.2.14~18

ロタは来年のレースを控えての試走会。名古屋は大雪でセントレアを1H遅れの出発、グアム経由チャータ機で3時間半のフライト。サイパンの隣り小さな島。冬の服装から夏の服装へチェンジ。55㌔の島一周、静かな走りやすいコースだが、暑さに参って45㌔に種目変更、サイパンの日本人のサポートと住民の歓迎で気持ち良い観光旅行であった。

↑ギャラリー内の写真の上をクリックすると大きくなります。

ツール・ド・モンブラン 2013.8.3~8.11

憧れのツールドモンブランに参加した。と言っても100マイルを徹夜で走る本チャンでなく、シャモニーから反時計回りに4泊5日で現地案内人について100㌔ほどを回るツアーだ。

山小屋2泊、ロッジ2泊といい所どりの歩きツアーで、1日20~30キロの緩い歩きだ。

8月3日から11日の旅行であったが、アルプスのお花畑は満艦飾、牧牛の放牧と雪を被った山々と氷河を眺め、10人のツアーによる楽しい旅だった。4分の1は車や現地バスによる移動である。

↑ギャラリー内の写真の上をクリックすると大きくなります。

コペンハーゲンマラソン 2013.5.18~22

北欧のデンマーク、ノルウエーの観光旅行である。デンマークではコペンハーゲンマラソンに参加した。13000人の参加、ほとんどが5時間以内のレベル高いレース、かろうじて6時間を切るが、周囲にはランナー少なくカメラ片手の観光ランだった。

コペンハーゲンでは街中を練り歩く降臨祭の中に紛れて目の保養をし、フィヨールドの最奥オスロへはゆっくりクルーズの船旅を楽しみ、 オスロはヴァイキングの故郷でムンク生誕150年でわく静かな街だ。

↑ギャラリー内の写真の上をクリックすると大きくなります。

初めての北欧訪問だが穏やかな平和な国の印象を深くした。白夜を実感したが思ったより暖かいのは暖流のせいだろうか?一晩、クルーズでコペンからオスロへ行き観光するが両国は王室が親戚同士で、言語も似ており異国の感じがしない。

アンデルセンの人魚姫に挨拶する。ムンクの生誕100年で国はわいていた。

 

ゴールドコーストマラソン 2012.7

オーストラリアのゴールドコーストマラソンに参加。初めての訪問で興味深々の国。コースは海岸を走ると言う宣伝はウソで、街中を走り明るい市民の応援がある。

観光はエアーズロック、砂の世界一大きな島、シドニーの町や動物自然公園。

カンガルー、カモノハシ、大蜥蜴、コアラを身近に見られた。

↑ギャラリー内の写真の上をクリックすると大きくなります。

オーストラリアは他大陸と違い変った種類の動物が多数いる。

エアーズロックでは早朝の朝日、夕日を眺めた。快晴だが風が強く登頂はできず。

大きな大陸で何時間も飛ぶ空中がら眺める真っ白の塩湖は壮大だ。 

 

ハワイ島マラソン 2012.3

ハワイ島のビッグアイランドマラソンに参加、活火山と天文台で有名だが面積がハワイ州で一番大きく、岐阜県と同じ面積。山も4000m級でスタートからゴールまでのコースで熱帯から亜寒帯まで14の気候があるという魅力ある島だ。

日本人の入植者も多く日本庭園もあり、和服のご婦人3世にお茶をいただく。ホノルルと違って静かな島でゆっくりできる。津波博物館があり東日本大震災の情報もすでに写真入りで展示されていた。

↑ギャラリー内の写真の上をクリックすると大きくなります。

年齢別で2位銀メダルだ!日本庭園は鳥居から入る!(^^)!熱帯ジャングルもある(*_*)

黒い溶岩流の上でヽ(^。^)ノ赤い炎の火口!市場は庶民の顔だ安い果物!(^^)!

↑ギャラリー内の写真の上をクリックすると大きくなります。

エアーズロックに遊ぶ

只今、第2次ホームページ製作中です。ご教示ねがいます。